診療時間

診療時間 日・祝

9:00~12:30

14:15~17:45

◎:火曜日午後は手術 ▲ 9:00~16:30(昼休みなし)
受付時間:診療終了30分前まで 休診:木曜、日曜・祝日

TOPへ

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)

ICL(眼内コンタクトレンズ)とは

ICL(眼内コンタクトレンズ)とは、眼内コンタクトレンズのことで、手術によって目の水晶体と虹彩の間にレンズを挿入し視力を矯正します。
レンズは、半永久的に装着できる素材で作られており、長期的に裸眼で良好な視力を確保することができます。

ICL(眼内コンタクトレンズ)によって、従来の角膜を削ることで視力を改善する「レーシック手術」では改善が難しかった強度の近視や乱視の矯正をすることが可能になりました。

ICL手術はこんな方にお勧め

  • 強度の乱視、近視の方
  • レーシック手術が適応外だった方
  • 角膜が薄く削れない方
  • クリアで安定した視界を手に入れたい方
  • コンタクトレンズがつけられない方(ドライアイやアレルギー性結膜炎など)

ICL手術の特長

角膜を削らない

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)では、目の中にレンズを挿入することで視力を矯正するため、レーシック手術のように角膜を削ることはありません。

強度の近視や乱視も対応可能

強度の近視や乱視の場合にはレーシック手術では適応外となっていましたが、ICL手術(眼内コンタクトレンズ)では視力矯正を行うことができます。
なお、ICL手術(眼内コンタクトレンズ)はレーシック手術と異なり、角膜を削らないため、角膜の薄い方にもお勧めの視力矯正手術です。

お手入れが不要

ICL(眼内コンタクトレンズ)は目の中に挿入するレンズであるため、コンタクトレンズのように毎日交換したり、洗浄したりといった日々のお手入れが必要ありません。

また、レンズは生体適合性が高いため、生涯メンテナンスの必要がありません。
そのため、外泊や旅行、スポーツの際の保管やケアのことを考える必要がなくなるだけでなく、災害時にも便利です。

術後に問題が生じた場合はレンズの取り外しが可能

手術後見え方に問題がなければレンズは目の中に入れておきますが、万一手術後に見え方の問題が生じた場合は手術でレンズを取り外すことが可能です。

ドライアイやアレルギー症状が起こりにくい

ICL(眼内コンタクトレンズ)は、ドライアイやアレルギー症状が起こりにくいです。
一方、レーシック手術では、角膜を削るため、一時的にドライアイを引き起こすことがあります。

コンタクトレンズによる視力の追加矯正が可能

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)をした後に、運転やスポーツのために追加で視力矯正をする必要がある場合には、手術後の目にコンタクトレンズを装着することで視力の追加矯正が可能です。

レーシック手術を行った場合は、角膜を削っているためコンタクトレンズがフィットしにくくコンタクトレンズによる追加矯正が困難な場合があります。

ICL手術を検討する際には

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)は保険適用外の自由診療となるため、完全自費負担の治療となります。
またICL(眼内コンタクトレンズ)はレーシックと異なり、万一の際にレンズを摘出できる安全性の高い手術ですが、デメリットや手術のリスクについてご理解の上、慎重にご検討ください。

角膜を削らない

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)では、目の中にレンズを挿入することで視力を矯正するため、レーシック手術のように角膜を削ることはありません。

強度の近視や乱視も対応可能

強度の近視や乱視の場合にはレーシック手術では適応外となっていましたが、ICL手術(眼内コンタクトレンズ)では視力矯正を行うことができます。
なお、ICL手術(眼内コンタクトレンズ)はレーシック手術と異なり、角膜を削らないため、角膜の薄い方にもお勧めの視力矯正手術です。

お手入れが不要

ICL(眼内コンタクトレンズ)は目の中に挿入するレンズであるため、コンタクトレンズのように毎日交換したり、洗浄したりといった日々のお手入れが必要ありません。
また、レンズは生体適合性が高いため、生涯メンテナンスの必要がありません。
そのため、外泊や旅行、スポーツの際の保管やケアのことを考える必要がなくなるだけでなく、災害時にも便利です。

術後に問題が生じた場合はレンズの取り外しが可能

手術後見え方に問題がなければレンズは目の中に入れておきますが、万一手術後に見え方の問題が生じた場合は手術でレンズを取り外すことが可能です。

ドライアイやアレルギー症状が起こりにくい

ICL(眼内コンタクトレンズ)は、ドライアイやアレルギー症状が起こりにくいです。
一方、レーシック手術では、角膜を削るため、一時的にドライアイを引き起こすことがあります。

コンタクトレンズによる視力の追加矯正が可能

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)をした後に、運転やスポーツのために追加で視力矯正をする必要がある場合には、手術後の目にコンタクトレンズを装着することで視力の追加矯正が可能です。 レーシック手術を行った場合は、角膜を削っているためコンタクトレンズがフィットしにくくコンタクトレンズによる追加矯正が困難な場合があります。

ICLとコンタクトの比較(費用)

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)の費用は両目で660,000円、コンタクトレンズの費用は1ヵ月両目で6,600円(1dayコンタクトレンズ)と仮定すると、コンタクトレンズを8年間使用するとICL手術を行うのと同じ費用になります。
ご使用のコンタクトレンズの費用から何年でICL(眼内コンタクトレンズ)の費用に到達するのか、ご自身の生活スタイルなどを考慮して比較してみましょう。

ICLとレーシックの比較

ICL治療(眼内コンタクトレンズ)とレーシックの比較表です。

  ICL治療 レーシック
視力の安定性 矯正した視力が長期で安定しやすい 視力が戻るという報告がある
見え方の違い 鮮明でクリアな見え方 コントラストや見え方の質が若干変化する場合がある
手術方法 角膜を数ミリ切開し、虹彩と水晶体の間に視力回復用レンズを挿入する手術 角膜にエキシマレーザーを照射し角膜を削り、角膜の曲率を変化させることで視力を回復させる手術
適応範囲の差 適応範囲の差 強度近視の場合や、角膜が薄い場合にも適応 近視が強すぎる場合や、角膜が薄い場合には適応外
価格 約40万~60万円 約20万~46万円
元に戻せるか レンズは挿入後に眼内に半永久的に置換でき、摘出することが可能 レーザーで角膜の形を変化させるので、変化前に戻すことは不可能
老眼への対応方法 老眼用ICLもしくはIPCLで対応 術後の目標屈折度数に老眼を考慮して少し近視を残して手術をするか、左右で遠近の焦点を変えて手術することで対応(モノビジョン)

ICL手術の流れ

1検査予約

まずは適応検査とカウンセリングを受けていただきますので、検査を予約してください。
検査はオンラインでもご予約いただけます。

2適応検査・カウンセリング

目の精密検査を行い、ICL手術(眼内コンタクトレンズ)が適応するかを確認します。
目の形状や疾患がある場合には、ICL施術(眼内コンタクトレンズ)が適さない場合があります。
適応検査後はカウンセリングを行い、手術やICL(眼内コンタクトレンズ)の詳しい説明や注意点をお伝えします。

3手術前検査

ICLの度数と大きさを決めるために手術前検査を行います。
検査は10種類以上あるため、2〜2.5時間程度の検査時間がかかります。
検査終了後、患者様に合ったレンズを準備します。
なお、検査結果によっては再検査が必要になる場合があります。
また、コンタクトレンズを装用している方は、手術前検査の前に装用中止期間を設ける必要があります。

4手術

手術は、手術前検査とは別の日程で行います。
ICL手術(眼内コンタクトレンズ)は両目で20〜30分程度で終わります。
入院の必要はなく、手術は日帰りで行います。

4術後の定期検診

ICL手術後は、翌日から3ヵ月が過ぎるまでの期間で定期検診を受けていただきます。視力が安定しているか、感染症などのトラブルが起きていないかを検査します。
必ず定期検診を受けてください。なお、定期検診にかかる費用は、手術費用に含まれています。

術後起こりうる合併症について

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)は安全性が高い手術ですが、合併症を引き起こすリスクがあります。
確率は低いですが眼内炎という危険な感染症を合併することがあり、眼内炎は適切な処置を行わないと失明に至ることがあります。
眼内炎を引き起こさないようにするためには、手術後の制限をしっかりと守ることが重要です。

眼圧の上昇 (緑内障)

旧式のICL(眼内コンタクトレンズ)では、レンズが目の房水の流れを妨げることがあり、低確率で緑内障を引き起こすリスクがありました。
現在使用されるICL(眼内コンタクトレンズ)は「ホールICL(眼内コンタクトレンズ)」といって、レンズの中央に房水の流れを作るための穴が開いているため、緑内障を合併するリスクは解消されました。

角膜内皮細胞の減少

旧来のICL手術(眼内コンタクトレンズ)は、目の中にレンズを挿入する前にレーザーで虹彩を切開する必要があり、その際に角膜内皮細胞が減少することが認められていました
現在は「ホールICL(眼内コンタクトレンズ)」を用いた手術法の確立によって、虹彩をレーザーで切開する必要がなくなったため、角膜内皮細胞が減少するリスクは解消されました。

白内障

旧式のICL(眼内コンタクトレンズ)では、レンズが目の房水の循環を妨げることがあり、2〜5%の確率で白内障を発症することがありました。
現在は「ホールICL(眼内コンタクトレンズ)」を用いることで白内障のリスクをかなり軽減しています。

白内障

レンズの偏位(位置ズレ)

ICL(眼内コンタクトレンズ)は虹彩と水晶体の間に固定するため、基本的には衝撃などでICLがズレてしまうといったことは起こりませんが、稀に目の外傷や強い衝撃によってICL(眼内コンタクトレンズ)の位置がズレてしまうことがあります。
もしICL(眼内コンタクトレンズ)がズレてしまった場合は、レンズの再固定手術を行うことで元に戻すことができます。

トーリックレンズ(乱視用レンズ)の場合はICL(眼内コンタクトレンズ)の回転によっても見え方が変わってしまうため、ズレてしまった場合は回転の位置修正も行います。

レンズ入れ替え

稀にICL(眼内コンタクトレンズ)の度数やサイズが合わないことがあり、その場合にはレンズの交換手術を行います。
ICL(眼内コンタクトレンズ)の度数やサイズは手術前に精密検査によって決定するため、ICL(眼内コンタクトレンズ)の度数やサイズが合わないことはめったにありません。

術後眼内炎

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)後0.017%(6000件に1件程度)の確率で術後眼内炎という感染症を引き起こすことがあります。
眼内炎を発症した場合には、緊急の処置が必要となり、薬で目を洗浄したり、場合によってはICL(眼内コンタクトレンズ)を一時的に摘出する必要があります。

眼内炎は最も注意すべき術後合併症です。眼内炎を発症しないためには、手術前後の点眼や、手術後の生活制限などの医師の指示をしっかりと守ることが重要です。
術後眼内炎は手術後2,3日して発症することが多いです。
また、手術後は必ず定期検診を受けるようにしましょう。

ICL手術の費用

近視のみ  
近視+乱視  
遠近両用  

ICLに関するよくある質問

ICL(眼内コンタクトレンズ)は何年くらい持ちますか?

ICL(眼内コンタクトレンズ)は半永久的に持続します。ICL(眼内コンタクトレンズ)は生体適合性の高い「コラマー(Collamer)」という素材でできているため、眼内でくもったり破けたりすることはなく、お手入れも不要です。

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)とレーシックはどちらが安全ですか?

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)は眼内手術である一方、レーシックは目の表面で行う手術であり、万一感染症を起こした際のリスクを考えると、レーシックの方が安全な手術であると言えるかもしれません。しかしICL手術(眼内コンタクトレンズ)は安全性が高い手術で、失明のリスクなどは限りなく0%に近く、手術後に医師の指示を適切に守れば感染症リスクも非常に低いです。

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)後は仕事や運動はどのくらい休む必要がありますか?

デスクワークの方はICL手術(眼内コンタクトレンズ)後翌日からお仕事に復帰していただくことが可能です。汗をかくような重労働の方は手術後3、4日程度はお仕事を休んでください。また、傷口の回復に影響するため、手術後1週間程度は重いものを持たないようにしてください。

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)は痛みを伴いますか?

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)の際には点眼麻酔を行うため、手術中の痛みはありません。しかし手術中は目を開いておくための器具を装着するため、器具による圧迫感や不快感などが生じることはあります。また、手術後に麻酔がきれると、軽い痛みや異物感が生じることがありますが、時間とともに痛みや異物感は消失します。

ICL(眼内コンタクトレンズ)は黒目が大きくなるなど外見にあらわれますか?

周囲の方やご自身が見ても、ICL(眼内コンタクトレンズ)が入っていることは外見からはわかりません。ICL(眼内コンタクトレンズ)は虹彩の後ろに挿入するため、眼科医が検査機器を用いて確認しない限り、外から見えることはありません。また、黒目の大きさに影響を与えることも医学的には確認されていません。

ICL手術(眼内コンタクトレンズ)を行うと視力がどれくらい良くなりますか?

ICL(眼内コンタクトレンズ)での視力矯正は非常に安定しているため、手術後10年経過した方のほとんどが1.0以上の視力を保っています。中には視力が若干低下している方もいますが、手術前の視力に戻るようなことはありません。