診療時間

診療時間 日・祝

9:00~12:30

14:15~17:45

◎:火曜日午後は手術 ▲ 9:00~16:30(昼休みなし)
受付時間:診療終了30分前まで 休診:木曜、日曜・祝日

TOPへ

黄斑前膜(黄斑上膜・網膜前膜)

黄斑前膜(黄斑上膜・網膜前膜)
とは

挨拶「黄斑前膜」とは、網膜の中心である黄斑という組織に線維状の薄い膜ができることで、ものが歪んで見えたりする病気です。
進行速度は遅く、もう片方の目の視力が良いとなかなか発見されないことがあります。

悪化すると視力が低下して日常生活に影響を及ぼすことがあります。

黄斑とは

黄斑とは、網膜の中心に位置し、視細胞が密集している組織で直径2mm程の大きさです。
私たちは何かものを見るときは必ず黄斑にピントを合わせています。

黄斑のさらに中心部には「中心窩」と呼ばれる直径0.3mm程の浅い凹みがあります。
中心窩は光受容細胞が最も多く分布しており、視力に最も大きく関わっています。
そのため、黄斑(中心窩含む)に異常が起こると、大幅に視力が低下し、日常生活に大きく影響を及ぼします。

黄斑前膜(黄斑上膜・網膜前膜)
の原因

黄斑前膜は「特発性黄斑前膜」と「続発性黄斑前膜」にわかれ、発症原因が異なります。

特発性黄斑前膜は、はっきりとした原因がわかっておらず、加齢によって網膜から硝子体が剥がれる後部硝子体剥離によって発症すると考えられています。
予防法もはっきりとはわかっていません。続発性黄斑前膜は、炎症や手術が原因となって発症します。
近視が強い方の場合は若年層でも発症しやすいとされています。

黄斑前膜(黄斑上膜・網膜前膜)
の症状

黄斑前膜の症状は「ものが歪んで見える」「左右の目で見えるものの大きさが異なる」「左右の目で見える色合いが異なる」などがあります。
黄斑前膜は検診で偶然発見されることもあります。

黄斑前膜(黄斑上膜・網膜前膜)
の治療

黄斑前膜の治療は、網膜硝子体手術が行われます。
網膜硝子体手術では、白目に注射の針程度の小さい穴を開けて、視力低下の原因となっている黄斑にかかった薄い膜を取り除きます。

最近は不可逆な視力低下が起こる前に早めに手術を行うことが推奨されています。
当院では日帰り網膜硝子体手術を行っています。
同時に白内障の手術も行うことがあります。

黄斑前膜の手術を検討する
タイミング

黄斑前膜の手術を行うタイミングは、個人の状態によりますが、視力低下の進行、視界の歪みの悪化、黄斑前膜が厚くなっていて網膜に影響を及ぼしていると確認された場合には、手術を行うのに適している時期であると判断します。

また、日常生活に支障をきたす症状がない場合などには、手術をせずに経過観察を選択することもあります。

網膜硝子体手術