診療時間

診療時間 日・祝

9:00~12:30

14:15~17:45

◎:火曜日午後は手術 ▲ 9:00~16:30(昼休みなし)
受付時間:診療終了30分前まで 休診:木曜、日曜・祝日

TOPへ

ガチャ目(左右の視力が違う・不同視)

ガチャ目(左右の視力が違う・
不同視)とは

不同視とは、左右の目の屈折度が2D(ジオプトリ―)異常の差がある状態のことで、左右の目で見え方が異なるため、バランスの悪い見え方になります。
また不同視は屈折矯正を眼鏡で行うと、左右差のひずみが強くなるため、コンタクトレンズや屈折矯正手術によって視力矯正を行うことが効果的です。

ガチャ目を治療したほうがいい理由

ガチャ目になると、2つの目で見た情報を脳で統合して処理して物を立体的に見る両眼視の機能が損なわれてしまいます。
日常生活においては、さほど不自由はありませんが、目が疲れやすく、両眼視が損なわれると3D映画などは楽しめなくなってしまいます。

ガチャ目と眼精疲労

大人になってからガチャ目になると、自覚症状がない場合が多いですが、左右の目の見え方が異なるため、自然と片方の目を酷使して物を見てしまい、眼精疲労を引き起こしやすくなったり、肩こりや頭痛などの慢性疾患を引き起こすことがあります。

ガチャ目と眼精疲労

ガチャ目は疾患が原因で引き起こされることがあります。

屈折異常(遠視・近視・乱視)

屈折異常とは、遠視・近視・乱視などの、網膜にピントがきっちりと合わない状態のことを言います。

遠視は網膜の手前に焦点が合っている状態で、近くは見える一方、遠くがぼやけて見えます。
近視は網膜の後ろで焦点が合っている状態で、近くも遠くもぼやけて見えます。乱視は、角膜の形状が楕円形に歪んでいる状態で、焦点がどこにも合わず、ぼやけて見えて、遠視以上に目が疲れやすい状態です。
適切な眼鏡を装用することで屈折異常によるガチャ目は改善できます。

屈折異常

斜視

斜視とは、左目と右目の視線がそれぞれ違う方向に向いている状態のことです。左右の見ている方向が異なるため、左右で違う物を見ていることになります。
物を見るときに見たい対象物の方向へ向いている目とは異なるもう片方の目を使わなくなってしまうと、視力差が生じてガチャ目が起こることがあります。

斜位(隠れ斜視)

斜位とは、斜視とは異なり、両目でものを見るときには斜視が起こらないものの、片目でものを見るときに、隠した目の視線が斜視のようにずれてしまう状態です。
斜視と同様に、左右の目でものの見方が異なるため、視力差が生じガチャ目が起こることがあります

弱視

弱視とは、眼鏡やコンタクトレンズなどを装用しても視力が1.0未満の状態を言います。
片目のみ弱視の場合は、不同視弱視と言います。

弱視

網膜硝子体疾患

中心性漿液性網脈絡膜症や加齢黄斑変性症などの網膜硝子体の病気によって左右の目の見え方が異なり、ガチャ目が起こることがあります。

網膜硝子体疾患

白内障

白内障の進行は、両目で進行速度が異なることがあるため、片目の白内障の進行が早いと、左右の目の見え方が異なりガチャ目が起こります。
また、白内障の進行によって近視が進むと、ガチャ目が起こることがあります。

白内障